事例:飲食店

もともとショールーム兼事務所だったオフィスビル(写真4枚目は改装前の様子)を、飲食店と店舗、事務室に改装した計画です。飲食部分約30坪と少し狭めですが、ショールームの天井の高さを生かして、開放感のある空間にしています。和食で炭火焼きもやられてきた料理長が「炭場はお立ち台」とおっしゃっていましたので、炭場を舞台のようなものと考え、ぴかぴかに磨き上げたおくどさん(竈)とともに炭場を中央に配し、それらを囲むようにカウンター席を設けました。カウンター照明を設置するための梁柱が伝統芸能の舞台を連想させ、舞台上での料理長の美しい立ち振る舞いは、料理を堪能するための一つの演出になっています。もちろん味は絶品です。

この物件でも内装材にはできる限り自然素材を使用し、壁には全面的に京土を用い、土を塗りにくい部分には和紙を貼っています。飲食店部分だけでなく、店舗・事務室部分も同じ仕様にて改装させていただきました。ショールームから飲食店への用途変更であり、かつ一部が二層吹き抜けになっていたため消防法の適合には難儀しましたが、無事オープンすることができました。