事例:喫茶・店舗

※写真は1枚目が改装後、2枚目は改装前。改装後の写真は竣工3年後に撮影したもののため、各所色あせています。

京都市内の2階建て木造店舗付き住宅の改装です。1・2階あわせて13坪程度の大変小さな物件ですが、1階店舗・2階喫茶スペースの欲張った計画になっています。その分各スペースは極小ともいえる大変狭いものになりましたが、そのスケール感がなんとも京都らしいと感じてしまいます。元々の外観には特に和風らしさはありませんでしたが、物件の両側店舗が伝統的な意匠のファサードでしたので、それにあわせて当該物件も付け柱・漆喰塗り・格子・瓦屋根などでお化粧直しし、京都御所が目の前という景観・町並みに違和感なく溶け込めるようにしました。内部は京土壁・和紙などを用い、2階は狭い空間を少しでも広く感じられるよう、天井を撤去し梁を表しにしています。狭い空間故に素材や職人さんの仕事のあとが手に取るように感じられ、それらの存在感が空間を落ち着いた静的なものにしています。・・2階は特に落ち着ける喫茶スペースになったのではないかと思います。(残念ながら数年前に閉店となり、現在は違う業種のお店になっています。)